福岡市,西区,周船寺,小児歯科,矯正歯科,予防歯科,小児矯正

〒819-0373 福岡市西区周船寺1丁目6-11 Tel.092-807-8880

こどもの歯に関するQ&A

診療案内

質問一覧

保護者の方から、よくある小児歯科に関する質問をご紹介します。
ご覧になりたい質問項目をクリックしてください。

Q&A

NO.1 9ヶ月になるのにうちの子はまだ歯が生えてない。お友達は生えているのに。
乳歯は生後6ヶ月 より生え始めます。
2歳半くらいになると上下で20本の乳歯が生え揃います。
しかし、これはあくまでも平均であり、個人差でかなり変わってきます。
体の発育の状態が普通であるなら、あまり気にすることはありません。
どうしても気になる場合は、歯科医院でみてもらいましょう。
NO.2 歯医者さんでアメ、ガム、キャラメルが歯に特に良くないと言われたけど、どうして?
砂糖をたくさん含んでいて歯にくっつきやすく、だらだらと食べることが多いからです。
糖分が歯垢と関係し、歯に接触している間は歯は絶えず溶かされるからです。
口の中に長く停滞するお菓子は、とてもむし歯をつくりやすいのです。
NO.3 上から乳歯が生えてきた。歯並びに影響は?
乳歯の生える順番や時期にはかなり個人差があります。
横の歯が生えてきたり、すき間があいたりさまざまですが、この時期には心配しなくていいでしょう。
NO.4 つば(唾液)が少ないと、むし歯になりやすいと聞いたけど本当?
唾液には酸性に傾いた口の中を薄める力〔緩衝能)があります。
唾液が少ないと、その力が弱くなるので、むし歯になりやすいと言えるでしょう。
よく噛む習慣を小さい時からつければ、唾液がでやすくなりむし歯の予防にもなるでしょう。
NO.5 9ヶ月 の子の歯が黄ばんできました。もう、むし歯?
乳歯はやや青味を帯びた乳白色ですが、いろいろな原因で変わる事があります。
主な原因では、歯の汚れ(歯垢)、飲食物によるものなどが考えられます。
表面についたものは、機械を使って磨く事で取ることができます。
また、歯を打った事があると、歯が黒くなることもあります。
歯の神経が死んでしまったのです。
全身的な問題や薬などが原因で、内側から色が変わる事もあります。
小児歯科で見てもらいましょう。
NO.6 4歳の子が顎とほほが腫れて、歯が痛いといいます。
腫れている近くにむし歯や治療した歯がないか見てください。
歯に原因があれば、むし歯が神経の炎症を引き起こし、歯を支えている組織にまで広がっていることがあります。放置しておくと、永久歯の芽までだめになることがあります。早くみてもらいましょう。
NO.7 前歯の乳歯2本がくっついて生えてきた。永久歯もこんな歯が生えるの?
これは、癒合歯というもので、下顎の前歯によく見られます。
乳歯が癒合歯ですと、その後から出てくる永久歯がないこともあります。
乳歯が生え変わる時期には、歯並びについて、様子を見ていくことが必要です。
NO.8 4歳の子が、パパのまねをして、つまようじを使いたがるが、いいの?
まだ上手に使いきれないお子さんですと、歯ぐきを傷めたり、歯ぐきの位置を下げたりして、よけいものがつまりやすくなります。さらに悪化させがちです。フロスなどを使って、きれいにしましょう。
NO.9 歯医者さんは、いつごろ行ったらいいの?
生後6ヶ月 から6年ぐらいまでの間に、6度診てもらったらいかがでしょう。
乳歯が生えてきますので歯磨きの仕方やフッ素などのむし歯予防について教えてもらったり、指しゃぶりについて説明してもらうなど、これから健やかなお口の健康について指導を受けてください。
NO.10 ウーロン茶を飲ませたら、歯に色がついて磨いても、取れません。
お茶の中に含まれる色素で、歯の表面に着色が起こります。
歯ブラシでいくらこすっても取れないくらい付着したものは、歯科医院で、専用の磨き粉や機械できれいにしてもらいましょう。
NO.11 2歳の乳幼児の歯科健診って、どんな事をするの?
むし歯の有無や歯の汚れ具合、歯ぐきの状態、歯並びやかみ合わせなどを調べます。
又、飲み物やおやつを含めた食生活、歯みがきの習慣やお口の癖(指しゃぶり等)や離乳に関してお聞きします。これらをもとに、お子さんのお口の健康を維持して行きます。
お母さんお一人では、なかなか難しいものです。
専門医のアドバイスを受けながら、定期健診を上手に利用しましょう。
NO.12 甘いお菓子は、そんなに食べないのにむし歯があると言われました。
むし歯は、お菓子だけが原因ではありません。
いつも、乳酸菌飲料、ジュース、イオン飲料、スポーツドリンクなどを良く飲んでいませんか?
これらを1日に何度も飲んだり、哺乳ビンの中に入れて、寝る前に飲んで、そのままにしておくと、むし歯になる危険性は、非常に高くなります。
NO.13 3歳の子が、朝起きたら口臭がするけど?
朝起きた時に口臭がすることは、夜寝ている間に唾液の分泌が少なくなり、口の中の細菌が増えてくるからです。しかし、これは歯磨きやお茶を飲むことで良くなります。口臭の原因には、歯垢、むし歯、歯周病、舌苔、胃腸の病気などのものと、心因性のものもあります。
口臭が続いて気になるようなら、診てもらいましょう。
NO.14 おしゃぶりは、歯や顎に影響があるの?
生後6~7ヶ月 で歯は生えてきます。生後1ヶ月 以内で生える歯を先天性歯といいます。
たまにあることです。ただ余分な歯の場合もありますので、小児歯科で診てもらうと安心です。
NO.15 生後1ヶ月 で歯が生えてきてびっくり。
どのくらいの頻度、長い時間使っているか、どの程度強く吸っているか、又おしゃぶりの材質などによって変わってきます。弾力のあるおしゃぶりを、強く、長時間、長期間吸うと、歯や顎に影響が出てきます。2歳6ヶ月 頃には、乳歯列が完成するころです。おしゃぶりがとれるよう頑張ってください。
NO.16 おもちゃを口にくわえて噛んでいます。歯ぐきがかゆいんでしょうか?
手に持ったものを口にくわえるのは、自分で食べる第一歩。食べる練習と考えてください。
また、6~7ヶ月 になると下の前歯が生えてくるので、違和感を感じて手で触る事も多くなります。
NO.17 7歳。下の歯の裏側に白いものが固まって、歯ブラシでは取れません。
おそらく歯石(しせき)でしょう。歯ブラシでは、取り除く事が難しく、そのまま残っていると、歯垢(しこう)と共に歯肉を刺激して、炎症を引き起こします。
定期的な健診で、歯石を除去してもらいましょう。
NO.18 3歳児健診でむし歯と言われました。早く治療した方がいいの?
むし歯の大きさや程度によっては、歯を削ったりつめたりしなくて済む事もあります。
早めに小児歯科を受診しましょう。むし歯の原因を調べたり、増えないように対策を取ることが大切です。歯磨きや食習慣に関する指導を受け、必要なら治療を受けましょう。
その後は、定期健診や予防の処置をしていきましょう。
NO.19 乳歯のうしろに永久歯が生えてきている。これって、大丈夫?
普通は永久歯が生えてくる時に、乳歯の根っこを吸収しながら出てきます。ところが、乳歯を避けて永久歯が出てくると、乳歯の抜歯が必要な場合もあります。適正な判断をしてもらいましょう。
NO.20 こどもの矯正は、いつから始めたらいいですか?
いろんな状態がありますから、部分矯正や治療方法も様々です。歯並びやかみ合わせが気になったら、小児歯科専門医や矯正医に相談してみてください。
NO.21 歯みがきが上手にできているかが、わかりません。
歯垢染色剤(染めだし剤)で調べる方法がありますが、小児歯科で定期健診をしてもらい、各年齢にあった歯みがき指導を受けられると良いでしょう。
NO.22 言葉がしたったらずで、小児科の先生から下の裏のすじを切ったほうが良いといわれたのですが。
舌小帯強直症、舌小帯短縮症と言われるものです。舌の裏のすじが太く、短いと舌の先端部を用いて発音するサ行、ラ行、などの言葉が出にくいことがあります。この発音の完成には6歳くらいまでかかると言われていますので、年齢まで観察していき、発音がうまくできないと、すじを切る手術を行う場合があります。小児歯科専門医では、舌を出すトレーニングを指導していますので、合わせて受けられれば、効果的です。
NO.23 1歳6ヶ月 健診で、切端咬合と言われました。なにこれ?
上下の歯が、切っ先(切端)で噛み合っていることです。この時期、いまだ乳歯は奥歯まで生えそろっていませんのでかみ合わせは変わっていくことが大半です。乳歯が生えそろうまで、注意深く診て行きましょう。
NO.24 3歳になって、前歯のレントゲンをとったら余分な歯があると言われました。
余分な歯は「過剰歯」と呼ばれ、そのまま生えてくるものと、生えてこないものがあります。歯並びやかみ合わせに悪影響を及ぼす場合は、時期がきたら抜歯した方が良いでしょう。生えてこない場合には、将来について、歯並びなどに影響がないか定期的に小児歯科で診てもらいましょう。
PAGE TOP