福岡市,西区,周船寺,小児歯科,矯正歯科,予防歯科,小児矯正

〒819-0373 福岡市西区周船寺1丁目6-11 Tel.092-807-8880

予防歯科

診療案内

シーラントってなぁ~に??

奥歯には図(1)のように咬む面があり、その面(2)のような溝はとても深くなっています。そのため、食べ物がつまりやすく歯ブラシの毛先も届きませんので、そこからむし歯になることが、多いのです。
この咬む面の深い溝に、白いシーラントをいう樹脂を流し、溝を浅くします。そうすると、食べ物もつまりにくくなり、歯ブラシの毛先も届きます。このように行う、予防歯科をシーラントといいます。

<注意>
シーラントの予防処置は、歯を削らずに、溝の中へ樹脂を流し込んだものなので、歯ギシリ・かみ合わせ等により、少しづつはがれていく事があります。
そのためにも、定期検診を受けられ、チェックしていくことが必要です。

フッ素

むし歯・・・

食べ物を食べると、その食べ物の中に含まれている糖分がお口の中で、分解され酸というものがつくられ、その酸によって歯の表面が溶かされ、むし歯が作られます。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する事で、歯の質を強くし、むし歯になりにくくする処理です。
シーラントは奥歯の予防処置ですが、フッ素塗布は、歯全体の予防処置になります。この2つの処置を行っていくことにより、むし歯の予防効果は高くなるのです。

<注意>
シーラント・フッ素は予防処置ですので、この2つを行ったからといって、必ずむし歯にはならないというわけではありません。
ご家庭では、保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ、食生活の環境を改善していかれてください。

デンタルフロス

保護者のみなさん、デンタルフロスの事は御存知ですか?デンタルフロスとは糸ようじの事なのです。

デンタルフロスの役割

歯の汚れ(歯垢)は、歯の表面だけでなく、歯と歯の間にもつきます。表面についた汚れは、歯ブラシでおとしていく事ができますが、歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きません。デンタルフロスはその歯と歯の間を清掃するものなのです。

歯と歯の間にできるむし歯は、デンタルフロスで予防しましょう。

定期検診や初めての来院で、レントゲンを撮ってみると歯と歯の間にむし歯のある子のほとんどがデンタルフロスを使用していないようです。お口の中は、きれいにしているのに、デンタルフロスを使用していない為、歯と歯の間がむし歯になり、歯を削らなければならなくなります。
しかし、デンタルフロスを正しく使用しているお子様は、検診の時等見せていただいても歯と歯の間のむし歯は、ほとんど予防されてあります。

PAGE TOP